アナル調教について⑥言葉による羞恥はアナルの快楽を高めます

アナル調教において
アナルで感じる事は恥ずかしい事だ、
と女性に意識させ続ける事が大切です。

アナルセックスでイク瞬間を
羞恥のピークと重ねる事で、
女性の快楽はより増します。

妻にはイク時には必ず
「アナルでイキます」
と言葉にさせます。

身体(アナル)で感じると同時に、
自分の発する言葉の恥ずかしさを脳で感じさせ、
快楽をより深めてあげるのです。

陽菜は未だに「肛門」と口にするのを
とても恥ずかしがります。

「アナル」
という言葉を禁止し、
「肛門でイキます。」と言いなさい、
と命令した日は、
確実に普段のセックスよりも
アナルの感度が高まるのがわかりました。

アナルセックス中に枕元にスマホを置き、
自分の言葉を録音させると
さらに意識し、羞恥を高めアナルの快楽を
増すこともできました。

さらにその音声をネットで公開すれば
より羞恥を高められます。
再生回数が増すほど、
妻は自分がアナル奴隷である事を
意識する様になりました。

他の夫婦のSM的性生活はこちらへ